ニキビケアに最適な化粧水の選び方

大人ニキビの原因は乾燥です。
肌が乾燥するとバリア機能が低下します。
外部刺激や紫外線から肌を守っているバリア機能が低下すると、肌を守るために角質を厚くします。
厚くなった角質で毛穴がふさがれて、毛穴内部に皮脂がたまるとニキビになります。

乾燥対策には化粧水を使います。
皮脂分泌が過剰でニキビができると思い、さっぱり系の化粧水を選びがちですが、大人ニキビを治すには保湿系の化粧水がおすすめです。
保湿力が高い成分にヒアルロン酸とセラミドがあります。
どちらも分子量が大きくて浸透力が悪いので、成分をナノ化して浸透力を高めた化粧水を選びましょう。
セラミドには4種類あるのですが、中でも保湿力が高く刺激が少ないのがヒト型セラミドです。
セラミド配合の化粧水を選ぶなら、ヒト型セラミド配合のものがよいです。
植物性成分でできていると肌に優しそうですが、ニキビを悪化させる成分もあります。
たとえば、植物油のオレイン酸はニキビ菌の栄養分になります。
ノンコメドジェニックには、ニキビを悪化させる成分が使われていません。
ニキビに適した化粧品でケアして潤いのある肌になると、ニキビができにくく治りやすくなります。

ビーグレンはニキビに効果があるの?
ニキビ跡対策に定評がありますね。

最近のコメント
    カテゴリー